美白を手に入れるには紫外線対策と化粧品選びが大切

白くなめらかなお肌をキープするには、紫外線による肌の影響をできるだけ避けて、美白ケアに力を入れる必要があります。紫外線を無防備に浴びてしまうと、肌内部でメラニンの生成が促されて、シミやくすみの原因になります。日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘をさすなどして紫外線対策をすことは、美白のために必要なことです。紫外線に対する備えは、年間通じて行うようにしましょう。たとえ夏でなくても、太陽が見えない曇りの日でも、紫外線は地表に届いているためです。しみやくすみの目立たない白い肌になるには、美白化粧品の働きも大切です。美白ケアのための化粧品には、メラニンの生成を抑制する働きと、出来てしまったシミを薄くする働きを持つものがあります。お肌の美白に関心がある人がよく利用しているものは、ハイドロキノンや、ビタミンC誘導体です。ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、ケアをする際には化粧品に配合されている濃度に気をつけるようにしましょう。メラニンの生成を抑制する美白成分としては、アルブチン、トラネキサム酸、カモミラET、コウジ酸などの成分があります。美白成分によっては、今できているシミを減らすことは難しいけれど、今後シミになるメラニンが増加しないようにできるという性質を持っています。肌タイプに合わない美白化粧品を使っていると、せっかくの美白成分が十分な効果をもたらさない場合があります。どのような美白成分が配合されているのかを確認した上で、肌の悩みに合った化粧品を選ぶことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする